11/3(土)、11/11(日)に行われました秋季リーグ女子Aチームの試合に、第55期白水先輩にご参加いただきました。

第1戦で早稲田大学Bチームと、第3戦で一橋大学Aチームと試合を行い、白水先輩にはどちらもダブルスで出場していただきました。4年生の引退から約2ヶ月が経ちましたが、そのブランクを感じさせないプレーと、部員へのアドバイスで國大を引っ張ってくださいました。
全体の結果はどちらも0-5で敗れてしまいましたが、春からテニス始めた初心者を含め、レギュラーメンバーではない部員も出場していたので、他校と試合をすることにより、プレー面、メンタル面共に各々が新たな課題を発見できたのではないかと思います。
白水先輩からは、國大は試合中自分のことに精一杯になってしまっている、練習はフォームなど自分のことに集中して構わないが、試合では、思考の9割を相手のウィークポイントを探すことや、どう点をとっていくかなど相手の観察に向けて頭を使ったプレーをしていってほしいというアドバイスをいただきました。
チームでは、今後、プレーをしている選手だけでなく、応援する側の人も対戦分析シートなどを用いて試合を客観視しこの相手ならどうしていくかを常に考えていく方針になりました。さっそく日曜日に行われる対抗戦で実践していきます。

秋季リーグ後の打ち上げもいろんなお話が出来、とても楽しかったです!

また男子部員も応援に来てくれました!オフの中、熱い応援ありがとうございます!

白水先輩、お忙しい中秋季リーグにご参加いただき、本当にありがとうございました!

5B56278E-C6FC-4BB2-974B-E78A589C54EE.jpeg

1FD763F3-C5F1-46F5-9029-4A20C7AB81B7.jpeg

【女子副将 河村】

11/10(土)の秋季リーグ女子Bチーム第3戦に第55期下村先輩と成嶋先輩がいらっしゃいました!
今回の相手は東洋英和女学院大学で、結果は0-5で敗戦となりました。
相手は3部校でとても強く、差を感じる点がたくさんありましたが、その中でも自分にできることを見つけて必死に食らいついていました。
いつもと違うサーフェイスであることを除いても圧倒的にフットワークに差があることや、どんなに振られてもしのぐ時のロブがとても深く攻めさせてくれないことなど、自分たちとの違いを痛感させられました。
今回当たることができた格上の相手に少しでも近づけるよう、今回経験し改善するべきだと感じたことを練習メニューに反映させてもっと強くなります!

今回女子Bチームの試合には成嶋先輩が出場してくださいました。お忙しい中3日間全日程出場していただき本当にありがとうございました!
個人的には大学に入って初めてダブルスのペアを組ませていただいた先輩が成嶋先輩で、最後の試合でダブルス一緒に出場出来たことをとても嬉しく思っています。自分の小さな成長や良いショットをすかさず褒めてくださり、ミスや改善点に対してアドバイスしてくださる先輩と組むダブルスはとても貴重な時間でした。本当にありがとうございます!

また下村先輩からお菓子の差し入れをいただきました!ありがとうございます!
上の学年は、普段当たることのできない相手との試合で出た改善点をもとに夏のリーグに向けてもっと強くなれるように、下の学年は初めての公式戦で得られたことをもとにこれからもっと積極的に試合に取り組み切磋琢磨していくようアドバイスをいただきました。前主将から来年の夏リーグで褒めていただけるように全力を尽くして頑張ります!

そしてAチームの3年も応援に来てくれました。とても力になりました。心強い応援ありがとうございます!

Bチームはこれで秋季リーグが終わり予選敗退となりますが、この三戦で見つけた課題や相手から盗んだものを実力アップに繋げます!

下村先輩、成嶋先輩、お忙しい中秋季リーグにお越しくださり本当にありがとうございました!

31BF1B90-5F60-497E-95F5-517028651BC3.jpeg

BE2115C3-F594-46B2-AAD7-66EE5609CFE8.jpeg

【女子副将 肱岡】

11月7日(水)の練習に安野部長がいらっしゃいました。
今週末、秋季リーグが控えているため練習内容はラリーを中心とした展開練習を重視して行いました。
実践的な練習内容だった反面、安野部長からは攻めるときは攻める、一本粘るところは粘るという意識が足りないとアドバイスを頂きました。

最近練習している「高い軌道の球」をラリーのベースとしてチャンスボールが来たらしっかり決めるというメリハリを練習から強く意識するべきであると思いました。

練習後半に取り入れた深く球を入れるルールのお地蔵さんでは、全体の雰囲気が良くなり自発的に声出しやお互いにアドバイスをする意識が部員達から見受けられました。
この雰囲気を、前半の基礎練習から皆が意識して出せると良いと思いました。

練習後には、ウエイトトレーニングをする部員の姿が見られ、来年のリーグを乗り越える為に、まずは「身体作り」に取り組むことが大切であることを部員達は理解して行動できていると感じました。

ウエイトトレーニングやフットワークの練習も来年のリーグに勝つための準備です。
まだ他にも、やるべき事は山積みですが早め早めの準備と対策を皆で考え、男女共に昇格致します!!

安野部長、お忙しい中練習にお越しくださり本当にありがとうございました!

A326C7F6-6275-4281-B723-D7F311584728.jpeg

【男子主将 岡部】

11/7(水)の練習に磯辺コーチがいらっしゃいました!
先日の練習は、1.2限の人は淵野辺、3限以降の人はたまプラーザにそれぞれ分かれて練習を行いました。磯辺コーチは、淵野辺の練習に来てくださいました。
先週から秋季リーグが始まっているため、試合を意識したゲーム形式やポイント練習を中心に行いました。磯辺コーチからは、技術的な事としてスライスの打ち方を教えてくださいました。
スライスは、面やラケットの振り方など慣れるまでは難しいショットなだけに、なかなか上手くできない人も多くいました。ですが、試合で勝つためにもスライスの技術は必要なので、今後も継続して練習に励んでいきます!
後半は、淵野辺6面を使いゲーム形式の練習を行いました。どのコートも集中してゲームに臨んでいたため、良い雰囲気で練習を行う事ができました。
磯辺コーチからは、秋季リーグはいろいろな大学と戦えるので、一戦一戦経験として吸収し、自分達の技術向上に繋げるようアドバイスを頂きました!残りの第3戦は勝ちも大事ですが、1つでも技術向上に繋げられるよう精一杯戦います!
磯辺コーチ、本日はお忙しい中淵野辺練習にお越し下さり、ありがとうございました!96781AC5-45FA-4F15-A704-DEC58867F11E.jpeg
【広報 深谷】

11/4(日)の女子秋季リーグ第2戦に竹内監督と早川副監督がいらっしゃいました!
第2戦は慶應義塾大学Cチームとの対決となりました。結果は0-5で敗戦となりました。

自分たちと比べて球の威力や深さ、フットワークの良さなどに圧倒されましたが、何より1番違うと感じたのは1ポイントへの気持ちの持ち方です。自分が決めてやるという強い気持ちが常に感じられ、國學院側は気持ちの面で初めから押されてしまっているように感じました。
早川副監督からも、最初から大学名を聞いて気持ちで負けてしまうのではなく、國學院大學テニス部としてモチベーションを高く持って練習していることを念頭に全力で試合に臨むようにご指摘をいただきました。

また相手はミスをしてもすぐに切り替えて、次のポイントに引きずっていないように感じました。これは試合やポイント練習の経験数をこなして切り替えることを意識していかなければならないと思うので、今以上に部内戦を活発にしたりポイント練習で全体が意識して練習に取り組むことが必要だと感じました。

実力の差が大きくてもそれぞれ発見できた課題はあります。まず何から潰していく必要があるのか考え今回の試合を成長に生かします!

竹内監督、早川副監督、お忙しい中試合にお越しくださり、本当にありがとうございました!

8F2B34CD-300B-48DE-B6DE-AE5FA13EB920.jpeg

【3年副将 肱岡】

カテゴリ

月別 アーカイブ